介護脱毛を受けるのに適した時期

介護脱毛時期

脱毛というと若い女性はもちろん、近年は男性や比較的年配の女性でも脱毛サロンに行って施術を受けることも多いです。
脱毛をする目的は夏場薄着になるにあたってムダ毛が見えていると恥ずかしいということ、また異性にモテたいからヒゲを脱毛するということなどがよく聞かれます。

しかし近年特にアラフォー以上の人が脱毛を受けるのは、自分が将来高齢になって介護を受ける際に大きなメリットを感じるということが理由として挙げられます。

介護を受けるようになると身体状況によってはトイレに行って排せつをすることが不可能となってしまい、リハビリパンツやパット、おむつをすることもあります。その際アンダーヘアがあると排せつ物がアンダーヘアに付着してしまうことがあります。

その際すぐに入浴するなどしてきれいに洗い流せればよいのですが、排せつも自分でできないような身体状況では当然ながら入浴も簡単にすることはできません。

この場合アンダーヘアに付着した排せつ物はおしりふきや携帯できる容器でできたシャワーなどを使って落とすことになりますが、やはり入浴するよりはきちんと排せつ物が取れず雑菌が残ってしまうこともあります。そのため人によっては陰部のかぶれやかゆみ、痛みの原因となります。

また介護者にとってもアンダーヘアがないほうがおむつ交換も早くできて介護が少しでも楽になるというメリットもあります。そのことを見越して現在アラフォー以上の女性を中心として介護脱毛が人気を集めています。

40代や50代で検討する介護脱毛

この介護脱毛ですが、現在脱毛サロンでは少子化の影響でムダ毛を気にしがちな若年層を新規に顧客を得ることが難しくなっているということ、増税や子どもにかかる費用が多くなっていて脱毛サロンに通う余裕がない人が増えている分、子育てがひと段落したような層において新たな顧客獲得のきっかけとしてとらえられています。

多くの脱毛サロンでは介護脱毛を宣伝してこれまであまり脱毛に関心を示さない傾向にあった40代から50代以上の人たちを顧客として取り込もうとしています。なので将来介護されることを考えて介護脱毛を受けやすい状況になっています。

この介護脱毛ですが、一般的に介護を受ける可能性が高くなるのは60代から70代以降となります。なのでその時期を目前にして介護脱毛を受けるといいかと思われがちですが、脱毛サロンでの施術方法によっては高齢になると不向きなものもあるため、介護を受ける可能性がまだ低いとされる40代や50代で検討をすべきです。

これは特に脱毛の施術方法として効果的とされるレーザー脱毛は黒い色に反応する性質があり、基本黒いムダ毛しか脱毛をすることができないというのが大きな理由です。個人差はありますが、アラフォー以降では徐々に白髪が増えだし、中にはアンダーヘアにも白髪が出てくる人もいます。

白髪はレーザー光は反応せず、脱毛をすることが不可能となってしまうことから、まだアンダーヘアが比較的黒い40代から50代で介護脱毛を検討すべきです。また脱毛をする場合はどんな施術方法であってもお肌に負担をかけるリスクが多少なりともあります。

お肌の状態は年齢を重ねるとともにどんどん弱ってきて、高齢になるとちょっと体をどこかにぶつけただけでも青あざができたり皮膚が剥離することもあります。この状態のお肌で介護脱毛を受けると脱毛ができてもお肌がひどく荒れてしまって簡単には治らないようになってしまい、実際に介護されると陰部が常に炎症を起こした状態になるリスクもあります。

なので介護脱毛はアラフォー前後、もしくはそれ以下の年齢でも問題なくできることから将来介護されることについて気になったら早めに受けるのがおすすめです。